• ホーム
  • 再発しやすいヘルペスの症状と治療法を知っておく

再発しやすいヘルペスの症状と治療法を知っておく

2019年08月14日
薬を飲む男性

性感染症のなかには再発しやすい病気もあり、ヘルペスはそのうちのひとつだと言うことができます。原因のウイルスを死滅させることができないので、再発を抑える治療を行っていかなければなりません。この病気は症状が出ている部分と接触することで感染し、一見症状が出ていないという場合でも、性器の皮膚や粘膜にウイルスが出てきて他者に感染するということがあるので注意が必要です。

ヘルペスの多くはコンドームなしでの性交渉やオーラルセックス、アナルセックスによって感染しますが、性器のような粘膜以外に胸やおしり感染することもあります。性病のなかにはコンドームの装着で完全に防ぐことができるものもありますが、ヘルペスの場合は接触でもうつる可能性があるので、パートナーが感染した場合は触れないなど徹底しておかなければうつってしまう可能性があるので注意が必要だと言えるでしょう。症状に関しては、男性も女性も同じようなものだと言えます。

男性の場合は亀頭や陰茎体部、女性の場合は子宮の入り口や膣などに症状が起こることが多いです。胸や肛門周辺などは、性別に関係なく症状が起こるでしょう。最初は患部がヒリヒリするなどの違和感を覚えますが、そこから数日経過すると赤いブツブツや水泡が生じて痒くなります。水泡が破れると潰瘍ができてしまい、太もものリンパ節に腫れや痛みも見られるようになるのです。初発では症状がないこともありますが、再発で初めて症状があらわれる場合もあり、再発の場合は比較的軽い症状で早く治ると言うことができます。

ヘルペスは完治することがなく、1年以内に8割以上の人が再発すると言われているので、しっかりと治療を進めなければなりません。ヘルペスを治療するためにはバルトレックスやゾビラックスが適していると言えます。病院で処方してもらうだけではなく、通販で購入することができるので再発に備えて常備薬を用意することができるのです。

ヘルペスの抗体は完全になくなることがありません。抗体がなくならなければ、体力低下などの些細なことがきっかけで再発してしまう可能性があるのです。体力低下やストレス、疲労などがあると、簡単に再発してしまうので、一度ヘルペスになると大変な思いをすることになります。完治することができませんので、バルトレックスやゾビラックスをネット通販で購入し、常備薬として保管しておくということも、ひとつの手だと言うことができるでしょう。

関連記事
エイズに感染しても直ぐにHIVになるわけではありません

性感染症のなかでも、HIVやエイズへの感染に恐怖を抱いている人は多いと言えます。たしかにこれらの病気は治療を行っても完治させることができないので、大変な思いをしたり重症化したりする可能性のある病気のひとつだと言えるでしょう。なかには、これらに感染するとすぐ死に至ると思っている人もいるようですが、現在...

2019年11月22日
尖圭コンジロームに感染すると最悪レザー治療が必要となる

尖圭コンジロームはウイルス性疾患のひとつであり、低リスク型ヒトパピローマウイルスに感染することで発症します。尖圭コンジロームは発症するとイボができるという特徴があり、一度発症してしまうと、最悪レザー治療が必要となることもありますし、それでもイボを取り除ききることができないという可能性も高いのです。低...

2019年09月19日
淋病はタオルや衣類からでも感染することがある

淋病は有名な性感染症のひとつであり、最近では抗生物質の乱用によって、これまで使用していた薬が効かないタイプの淋菌が増えています。男性は痛みが強いですし、女性は自覚症状こそ少ないですが大きな病気となる可能性があるので、感染しないように注意しておく必要があります。また、もし淋病を患ってしまった場合に、ど...

2019年10月25日
咽頭クラミジアは風邪の症状に似ている

性感染症のひとつであるクラミジアには、性器クラミジアだけではなく、咽頭クラミジアという病気があります。その名前の通り、性器に感染するか咽頭に感染するかという違いがあり、パートナーの性器を口に含むオーラルセックスが原因となり感染することが多いと言えるでしょう。パートナーとの性行為だけではなく、性風俗に...

2019年10月09日
女性に多い性器カンジダ症の症状と治療法

性感染症は男性も女性もかかるものですが、性器カンジダは特に女性の感染が多いと言われています。もともと原因菌であるカンジダ菌は腸管や女性の膣内に常在している菌なので、性行為などを行わなくても自己感染してしまうことがあるのです。自己感染の仕組みとしては、免疫力低下やストレス、疲労などが理由で原因菌が異常...

2019年09月01日
若い女性に多いクラミジア感染症の症状と治療法

クラミジアは日本国内で最も感染者数が多いと言われている性感染症であり、その患者数は40万人以上だと言われています。特に最近では若い女性の感染が多く、初めて性交渉を経験する年齢が低くなっていることや、性風俗に従事する若い女性が増えていることが理由として考えられるでしょう。クラミジアはとても感染者数の多...

2019年07月31日